メモリの交換方法

 
メモリトピック  ・NO01 ・NO,02 ・用語集  

 


交換例 ThinkPad440sの場合

内蔵バッテリパックが無いほとんどThinkPadは以下の作業は不要です。


・内蔵バッテリパックがある機種は
 メモリを交換する前に、次のようにして、内蔵バッテリーを無効にする

1. ThinkPad から AC 電源アダプターとすべてのケーブルを取り外します。

2. PC を再起動します。ThinkPad ロゴが表示されたら、F1 キーを押して ThinkPad Setup プログラムを起動します。

3. 『Config』 ? 『Power』 ? 『Disable Disable Disable Built-in Built-in Built-in Battery Battery Battery』の順に選択します。

4. Enter キーを押します。『Setup Confirmation』ウィンドウが表示されます。

5. 『Setup Confirmation』ウィンドウで『Yes』をクリックします。内蔵バッテリーが無効になり、コンピューターの電源が切れます。

 ThinkPadの温度が下がるまで、数分間お待ちください。

6.コレでメインバッテリパックも外せばサーキットに電流は流れませんので安心してメモリを交換して下さい

7.メモリ交換後ThinkPadが AC電源アダプターに接続されると、内蔵バッテリーは再度自動的に有効になります



・メモリやネットワークカードを交換時に外すネジは

 お客様が外しても保証は効きます


・裏のカバー(ベースカバー)はムリヤリ開れば外せます

・プラスドライバーは PBスイスツールズ社の0番を使いました
 


各ThinkPadのメモリの場所     

 

W530キーボード裏面と本体底面2箇所にある X260 ベースカバーを外す Edge520

 

X230 T430 IdeapadU450p 
1枚しかアクセス出来ません
Z51
キーボードを先に外します

 

 

T500 パームレスト
を外す必要有り
T60 パームレスト
を外す必要有り
R400 パームレスト
を外す必要有り
SL300 裏面


 

G40裏面 T40 裏面 T40キーボード下面
キーボードを持ち上げる必要有
R40裏面

 

X20裏面 TP130裏面 TP310裏面 TransNote


 

tp240_09.jpg (65255 バイト)
i1800裏面 i1400裏面 TPS30裏面 TP240
キーボードを持ち上げる必要有り


 


ThinkPad Love TOP

メモリは中部ノートセンターへ
ibmpc.jp